医療法⼈社団恵和会 湯原病院(2012年3⽉)

建物概要
構造・規模 RC造3階建
建築⾯積 1,792㎡
延床⾯積 5,056㎡

*株式会社MCCでの設計案件

医療におけるインテリアとカラー

当該病院の設計においては敷地内に現存する
病棟の運営を行いながら建て替えを行っていくことが求められ、
旧病棟との配置関係に留意しながらの計画としています。

病院外観は周辺の農業地や山林との調和を主軸として
アースカラー系の色彩とし、
心療内科を訪れる人々が元気になって旅立てるようにという
思いも込め、心理的に開放感やエネルギーを出せる効果を持つ
オレンジ色を差し色として用いました。

病棟は統合失調症病棟、ストレスケア病棟からなり、
各ゾーニング毎にカラースキームを定め、
回遊動線の病棟を誘導する計画となっています。
ストレスケア病棟はホテル調の設えとして
訪れる人々の安息を与えるインテリアとしています。